僕らのあの空

【進学する心理学部生向け】臨床心理専門職大学院の勉強方法やこころもち


f:id:psychee:20170723104416j:image

 

おはようございます!心理学生の寺っちです。

 

いや〜〜終わりました。

大学院受験。ツラカッターーー!!!

 

心理の大学院に進学する人って院受験をみこして心理学部に入学してる人多いと思うんです。だから1回生からちょくちょく受験勉強してたから疲れが凄い。もうね、しばらく心理学の本に触れたくない。(受験終わってから一切心理の本見てない)

 

 

今回は僕が専門職大学院受験の時に情報あんまり無くて困ったから、大容量で院受験について書いていきます!!!わっしょい〜!!!

 

 

 

 

受験勉強のスケジュールと参考書

本格的に参考書を使って勉強し出したのは1年前位からですね。

ただ、2年生の時に心理学検定の勉強したのでそこは少しだけ有利でした。一発で1級に合格できるくらいは勉強した。

 

 

受験間近の、ピーク時(3ヶ月前〜)のスケジュールはこんな感じです。

 

 

4時                      起床・洗面・ハミガキ・珈琲飲む

5時〜8時            勉強(3時間) 

8時                      朝食

9時〜12時          勉強(3時間)

12時                    昼食

13時〜20時        勉強(7時間)

20時〜22時        晩ご飯・お風呂

22時〜4時          就寝

 

合計13時間。もう少し勉強時間減らしたかったな...

内容としては

 

  • ヒルガードの心理学読む
  • APAのサイトで英語論文読む
  • 心理英単語覚える
  • 英語読む中で分からんかった英単語をまとめて覚える
  • 志望大学院や他大の過去問解く
  • 参考書何周も読む
  • 分かりにくい所を自分でまとめる(精神分析の学派とか知能検査・発達検査・神 経心理学的検査、福祉、法律、DSMの分類等)
  • 参考書で概要を掴んだら、本や事典で掘り下げて調べて理解を深める(精神分析の人物、マイナーな心理検査、過去問で分からなかった用語調べる等)
  • 得た知識を忘れないように定期的に復習する

 

をひたすらしてました。

 

*参考書のリンク下に張ります*

 

 

 

受験が近くなってきたら志望理由書の作成や面接対策とかもします!卒論のテーマについてや、大学院で学びたいことについて提出を求める院もあるので、行きたい大学院ごとに対策を練っておきましょう。

 

面接対策としては、先輩から面接の際に聞かれた質問や面接の流れを聞いて、ひたすら練習。 専門職大学院は面接がペーパーテストより点数の比率が高いので、かなりやりこみました。就活終わった友達に面接の練習してもらうのも効果的!!

 

 

 

ひたすら勉強してて思ったのはね、

 

勉強ってキリがないなと。やべえよマジで

 

 心理学好きだからまあここまで勉強出来たけど興味なかったらこんな勉強やってらんねえ。精神分析とか特に、フロイトだけじゃなくてライヒ・ランク・サリヴァン・ビオン・クライン・ウィニコットマーラーとかのそれぞれの考えとか勉強していくとキリがなさすぎる。

 

実際に使ったこともないのに、勉強しなくちゃならない心理検査も山ほどあるので、学部生が覚えられる知識にはは限界があると割り切っておくと気持ちが楽です。どこまでも深く勉強しすぎるのではなくて、取れる問題は確実に取る勉強をしましょう。

 

ロジャースとかフロイトの人生について知っておくと解ける問題も多かったので、心理学の偉人たちの伝記とか読んでました。んなもん知るかよって思うよね.... よむけどさ...

 

 

 大学院受験を得て感じたこと

 

しんどい。(笑)もうしたくない。

毎日同じ勉強ずっと続けてても途中で挫折します。

あ!今日また1歩賢くなった!みたいな感覚があると長続きするので、持久戦のつもりで、一日一歩ずつ勉強していきましょう。 

 

あと、大学は人生の夏休みって言われてるのに勉強ばっかりしてるともったいないなって思ったので、勉強するときは勉強する、遊ぶ時は遊ぶでメリハリつけないと大学生活もったいないって思いました!!!

 

続けることの大切さ

 進学組ってマイノリティです。圧倒的に。

周りは大体就活します。ほんで大体は受験より先に内定貰います。

 

インスタのストーリーがだんだん就活終わった組の投稿で埋め尽くされてくると、辛すぎて参考書で撲殺したくなります。

  

「心理の大学院なんて行って何になるん?」って悪気なく言ってくる人も出てきます 

でも今どれだけ批判されてても、一つの事をずっとやり続けてたら絶対応援してくれるようになるのよ。

 

心理職につきたくて進学する人はきっと色んな苦労あるだろうけど、やり続けてたらきっといい事あるから一緒に頑張りましょう。

 

 

 参考書

 

臨床心理士試験徹底対策テキスト&予想問題集  ナツメ社

臨床心理士試験対策心理学標準テキスト     秀和

臨床心理士資格試験問題集           日本臨床心理士資格認定協会

心理学検定基本キーワード           日本心理学諸学会連合

心理学検定公式問題集             日本心理学諸学会連合

合格ナビ!臨床心理士を目指す人のための心理学用語集 東京図書

臨床心理士指定大学院入試のための心理英単語  秀和システム

ヒルガードの心理学

 

 

 

 

 

やる気がでない時に効く、行動を起こすための2つの解決法

おはようございます。心理学部生の寺っちと申します。コタツの中からこの記事をかいております。(全力脱力感)

 

死にたくなるくらい、めちゃくちゃやる気が出ない時ってありませんか?

 

たとえば「外に行くのがめんどくさい」「というか外に行くために髪型や服装用意するのがめんどくさい」「帰ってきてからお風呂入るのめんどくさい」「むしろ食べることすらめんどくさい」

などなど。むしろ私は息すらめんどくさいと思う時があります。死ぬ

 

休日とかはだらだら〜っと何もやる気が起きずにずっと横になってて、寝たり起きたりしてたら1日過ぎてしまうこと!あるよね!!特に冬は外に出たくないよね!!

 

これは深刻な問題ですよ。息をする気さえ出なければ最悪死に至る場合もあるので、真剣に解決策を考えて実践してみました。

 

21年間、試行錯誤をくりかえした末にあみだした究極の解決法です。ごらん下さい。

 

 

 

 

 

裸で寝る

 

 

は?

 

って思いました?いや、私もふざけてる訳じゃありません。裸で寝るのです。寝てください。

 

なぜ裸で寝ると良いのかというと、「裸で寝る」というルールがあると、絶対寝る前にお風呂入るじゃないですか?ベット汚れるのやだし。

ほんで湯冷めしないうちに寝ようとするじゃん?お風呂から出てすぐ寝るじゃん?めちゃくちゃ良くない??

 

しかも、起きたら裸だからまず服を着るじゃないですか。寒いし。じゃあもうこの時点で「お風呂に入るのめんどくさい問題」「なかなか寝つけない問題」「出かける前に服着るのめんどくさい問題」が一気に解消される訳ですよ!!裸で寝るだけで。天才じゃない?さあ脱ごう?

 

 朝起きてすぐ服を着てたら、どっか行くか〜〜ってなるじゃないですか。外に出た後は適当に自分でやる気スイッチ見つけて下さい(投げやり)

 

 

スマホを触らない

 

きええええええええ〜〜〜ッ!!!ですよね!!!!

皆うすうす気づいてたと思うの。ケータイ触ってるからいつまでもやる気が起きないってこと。

 

大学の脳科学に詳しい先生が

「スマホは指一本で直観的に操作できるから、スマホをいじっている間は前頭前野が機能しない。スマホをいじればいじるほど前頭葉がバカになるんだヨ☆バーカ!!!」

って言ってたよ!!自制力だいじ!!!

 

結論

 

 裸で寝て、スマホをいじらなければやる気が出る。

 

 

男らしさとは何か。万年友達どまりの男が考えてみた

おはようございます。心理学部生の寺っちです。

 

男らしさとは何でしょうか?

 

いや、これは深刻な問題ですよ。男らしさ=コレっていう、一言で男らしさを説明するのって難しくないですか?

 

人によっては、「優しさ」であったり、「強さ」であったり、「自信」「筋肉」「責任感」「運動神経」など色々あると思うんです。

 

「男らしくない」ってのは僕よく言われるんですけど、どうすれば男らしくなれるのか具体的には分からない。誰も教えてくれない。とりあえず筋トレして髭はやしとけばいいの??(混乱)

 

ということで今回は「男らしさ」について考察し、男らしさの定義を決め、少しでも男らしくないと困っているメンズ達の手助けになればと思います。

 

 

どんな人が男らしい?

まずは男らしいモデルを探し、男らしいと思う人の共通点をあげてみましょう。

僕的にthe・男らしい人はTOKIOの長瀬くん、ゴルゴやワンピースのフランキー・セニョールピンクとか。

 

他の人にも聞いてみるとキムタク、オダギリジョーなど、人によって男らしさのモデルは違いますが、ある程度共通点はありそうです。

 

多くの人に男らしさについて聞いたところ、「優しい」「責任感がある」「いざという時頼りになる」の3つが多く回答されました。なるほど、確かにその通りのように思えます。

 

しかし私はそれらのもっっっっっと深いところにある1つの根源を考え抜き、答えにたどり着きました。

 

 

それはつまり、「守ることの出来る力」だと。

 

一人の人間として、周りの人を守れるだけの能力がすなわち「男らしさ」だと思うんです。「優しさ」「責任感」「頼りになる」これら全て「守ってくれる能力」を測る基準ではないでしょうか?

筋肉や運動神経なども、人として優れている=守ってくれる能力に関係するから、男らしさを感じるのかなと思いました。

 

つまり、男らしくなるためには周りの人を守れるだけの能力を高める必要があるということになります。漠然としていますが、仕事スキルの向上や性格の改善・筋トレなど、色んな事をしなくてはならなくなりました。大変やないか

 

でも、「なんで男らしくなりたいのかな?」って考えると、モテたいからであって、モテて将来自分の好きな女の子と結婚したいからであって、無理に男らしくなろうと必死になるのではなく、 自分の妻子を守れるだけの力があれば、それでもう十分だなと思いました。

 

結論 

 

女性に男らしくないと言われる=「オメエの嫁になんか死んでもなりたくねえわ粗チンクソ野郎失せろ!!!!!!カ―――――――ッ!ペッッ!!!!!!」(意訳)

なので、男らしくなれるように努力しようと思いました。

 

 

【2018年夏】夏休みに北海道・星野リゾートトマムでリゾバしたら得しかなかった【体験談】

おはようございます!心理学生の寺っちと申します。

 

大学生の夏休みってちょっと長くないですか??

 

だって約2ヶ月もある訳じゃないですか。友達と旅行したりサークル合宿しても全然時間余ります。で、2ヶ月も消化しきれずに、ほとんどの大学生が「夏休みは稼ぎ時」と言ってバイトを入れまくったりしますよね。僕なんか友達いないからずっと一人で部屋でツイッターしてるゾ☆

 

「お金も稼ぎたいけど、せっかくの夏休みやから旅行もしたい……」

 

悩みに悩んだ末、この矛盾するようなパラドックスを解決する方法を見つけてしまいました。リゾートバイトです。

リゾートバイトとは、全国各地のリゾート地にて住み込みで働くバイトです。これなら観光地で働きながら、休みの日にはそこで遊べまくれちゃいます!!!

 

ということでリゾートバイトで夏休みを120%楽しんできたので、こと細やかに体験談を記したいと思います。

 

 

憧れの星野リゾートトマム

f:id:psychee:20171222234728j:plain

私が数あるリゾート地の中でリゾバ先に選んだのは、北海道にある星野リゾートトマム。トマムは北海道のど真ん中にあります。

 

星野リゾートって大学生の分際で行くには敷居が高いじゃないですか??普通に宿泊しても1泊3万円は超えるんですよ。でもだからこそ、そんな一流のホテルで働いてみたいっていう欲望をずっと持ってたんです。

 

そんな中、ちょうどリゾバで星野リゾートトマムの募集をしてたので即決で応募しました。 

バイト先の詳細について


f:id:psychee:20171223001800j:image

仕事内容はホテル最上階のカフェ・レストラン&バーにてのホール・ドリンク業務でした。

お客様を案内して、注文を聞いて、料理を運んで、空いた皿を片付けて、テーブルを綺麗にするっていう、まあ普通のホールの仕事です。

ドリンクはお昼はソフトドリンクや、エスプレッソマシンやハンドドリップを使ったコーヒー、夜はお洒落にカクテルを作ったりしてました。

 

f:id:psychee:20171222234828j:plain

 バイトを始めた頃のラテ。こいつが

f:id:psychee:20171222234824j:plain

こうである。天才です。

 

ラテアートと、バーテンダーみたいにシャカシャカ振ってカクテルを作るのが夢だったので、どちらも叶えられて大変満足です。

 

その他にも皿洗いや電話対応など、手が空いた人がどんどん仕事をこなしていく感じです。

 

そこまで普通の飲食店でする仕事内容とは変わりませんが、テーブルマナーや言葉遣い、おもてなしなど、求められるレベルは高くて勉強する事が沢山ありました。

シフト・生活リズム


f:id:psychee:20171223001806j:image

バイトはシフト制で、事前に休み希望の日を伝えれば最大限考慮してくれました!!

 仲のいい先輩と休みの日がかぶるように休み希望を出して、休日は一緒にお洒落なお店に行ってみたり。 

 

1週間に5日・6日の頻度で、暇な時は8時間・忙しい時は9時間ほど働いてました。

逆に暇すぎると稼げないので、1日に8時間は安定して働ける職場で良かったと思います。

 

1日の流れとしては、

  • 14時30分  寮の前まで迎えに来てくれるので、その車でバイト先に向かう
  • 15時    働き始める。朝番の人と引き継ぎをして、夜の営業に向けて用意する
  • 16時    30分のお昼ごはん休憩。賄いを朝番・夜番の人で集まって食べる。楽し  い
  • 16時30分  働く。夜はお洒落な人が来るので雰囲気壊さないように気をつける。
  • 20時30分  30分の晩ごはん休憩。お客さんに提供してる食材の余りとかを使うからめちゃ豪華!!美味しい!!
  • 21時   お客さんの数も少なくなってくるので、もうひと踏ん張りする
  • 24時  片付けを終えて終了。皆で車で帰る

みたいな感じ!!!

仕事を覚えてしまえば余裕も出てきて、お客さんに話しかけて楽しませられるまでに成長できました。

 

寮生活


f:id:psychee:20171223001814j:image

 寮はバイト先から車で10分の距離、歩いて1時間の距離にありました。周辺にはほぼ何もなく、田舎と言うよりは未開の地ってくらい自然でした。修行僧にでもなったのかな?

 

部屋は個室で、洗面・トイレ・シャワー・洗濯機・冷蔵庫などの家電は皆で共有します。

部屋にウェルカムドリンクやサプライズが施されている訳もなく、何も無いほぼ空の部屋です(暖房器具とベッドはある)

 

男女で同じ家に住んでいますが、僕の住んでいる寮には何故かおじさんやおばさん・カップルしかいなかったので、エッチなハプニングやドキドキする様な出会いは全くありませんでした。

 

なのでマッチングアプリで女の子とお喋りするのが楽しくて仕方なかったです。(現実逃避)

 

隣の寮はイケイケの若い男女が住んでて、家の前で花火したりお酒飲んだりして騒いでました。どこで、、、どこで間違えた、、、ッッ?!

 

大きくて、若い男女が多い寮に割り当てられたら皆でわいわい出来て楽しいかもしれませんね!いいね!そういうのっていいね!強がってないよ!

 

休みの日の過ごし方


f:id:psychee:20171223001822j:image

最初の頃は仕事に慣れなくて、疲れが取れきれずに1日寝て過ごす事もありましたが、だんだん余裕が出てきたので休み事に札幌や小樽、富良野・美瑛、帯広、釧路など、ひたすら運転して北海道を楽しみ尽くしました。

 

f:id:psychee:20171223000215j:plain

富良野・ラベンダー畑

f:id:psychee:20171222234841j:plain

 釧路・神の子池

 

もちろん星野リゾートでも楽しみました!従業員はお風呂やゴンドラなどの星野リゾート内の設備をタダで使えるので、施設を遊び尽くせます。

 

f:id:psychee:20171222234813j:plain

星野リゾートトマムの名物・1面に広がる雲海!!

f:id:psychee:20171222234831j:plain

室内プールのライトアップ

 

職場まで車持ち込みOKだったので、仲良くなった先輩から車を借りてこれでもか!というくらい乗り回しました。本当に感謝しています

 

北海道は広すぎて、2泊やそこらじゃ観光地を巡りきることは難しいですが、住み込みで働いたおかげでめちゃくちゃ堪能できました!リゾートバイトするなら北海道はおすすめですね。

 

人間関係はどんな感じ?


f:id:psychee:20171223001831j:image

職場の平均年齢は29歳くらい。僕(21歳)が最年少で、最高齢はたぶん42歳くらいでした。

 

年齢は幅広いですが、皆仲は良かったと思います!大体の人が休みの日には誰かと一緒に温泉いったり飲みにいったりしてます。

僕は最年少だったのでよく可愛がられて(イジられて)、居心地は良かったです。

 

今でも年齢の近かった男の先輩達とは連絡をとってて、近々それぞれの地元に遊びに行こうって話をしてます。他県の友達って最高

 

良かったこと


f:id:psychee:20171223001834j:image

観光しながらお金を稼げたことですね。2ヶ月まるまるリゾートバイトに費やしましたが、思い出も出来て、友達も出来て、スキルアップも出来て、なおかつお金も貯まるなんてそうそう無いです。

地元でバイトに費やすくらいなら思い切ってリゾバした方が絶対いい。お金は合計で46万円稼ぎました。

うち半分はすすきので豪遊したりして使い切りました!!後悔は、、していません!!!北海道のご飯とお酒が美味しいせいです

 

感想


f:id:psychee:20171223001840j:image

 もっと早くからリゾバしていたら良かったなあと思いました!!

僕は友達が居ないから夏休みとか冬休みめちゃくちゃ暇なんで、リゾバで働きながら休日に遊ぶ位がちょうど良かったです。てゆーか友達ほしい

 

以上、リゾバの体験談でした!

 

今回僕はリゾートバイトを始めるにあたって、リゾートバイト派遣会社はたらくどっとこむのアプリリゾートさんにお世話になりました。

 

対応がとても丁寧で、リゾバ初心者の方にオススメの会社です!

 

 

 

おしまい!

21歳、札幌すすきのでクラブデビューしたらどハマりした話(後半)

 

 

www.t-rach.com

 

前半の続きです 

 

 

 

 

「お前、相席屋で一万円使って背中さすって満足するなんてとんでもない粗チン野郎やな!!!!!ッッ死ね!!!!!!」

 

 

 

 

「ッアアア゙ア゙~~~~~~イ!!!!!!いっぱ~~~~~~い!!!おっぱ~~~~い!!ぷるんぷる~~~~~ん!!!!!!」

 

 

 

なんということ。頑張って相席屋で女の子に話しかけた結果ボロクソに怒られてしまいました。

でも確かに男らしくなりたくてすすきのに行って、一万円弱使って女の子とお喋りして帰ってくるだけなんて意味が分からない。自分でも意味が分からない。丸1日落ち込んだ。

 

 

確かにお喋りしてて楽しかった。とても楽しかった。しかし自分が勇気を出して手を出さなかったのも事実である。

 

思えばいつも私はこうだった。好きな女の子の前でも「嫌われたくない」「振られたらどうしよう」などとうじうじと悩んでは行動する事をためらっていた。

 

しかし、行動しない男にチャンスの神様は微笑んでくれない。リスクを恐れて行動しない事こそが一番のリスクなのである。若干21歳の若造が女に振られたくらいで何を失うものがあろうか。女に振られたからといって

 

「はい〜〜〜〜〜〜!!!!振られた〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!私に振られた事をお前の周りの家族親戚友人知人全てに孫の代まで語り継いでやるデシ〜〜〜〜〜〜〜wwwwwwwwwwww」

 

なんて事にはならないのである。何を恐れることがあろうか。

 

一番恐ろしいのは、いざと言う時に好きな女の子に勇気を出した行動を取れない事である。見ず知らずの女に勇気を出せないで身近で本当に好きな女に勇気を出せるわけがない。

 

私は人生の次のステップへと飛びたつ時期だと確信した。「男になりたい。」だが方法が分からない。

 そんな時姉さんが声をかけてくれた。

 

「お前には相席屋なんて生ぬるい、クラブや!!!クラブ行ってこい!!!!!

クラブ遊びが趣味の女の子に連絡しといたから一緒に行きな!!!!」

 

 

 

「ヘヘッ、、、!そうこなくっちゃよう、、、!!」

 

 

 

 楽しくなってまいりました。舞台はすすきので一番盛り上がってるらしいクラブ「キングムー」です。人見知りでチキンでカスの私に課せられたノルマは「知らない女の子10人に声をかけること。お持ち帰りできたら花まる」である。

 

24時にキングムー前で待ち合わせして、いざ中に。初クラブでございます。

 

 いざクラブへ

クラブの中は溢れ返る人。人。人でいっぱい。

ギラギラとあたりを照らすライト。

骨の奥までズンズンと響いてくる重低音。

そしてダンスフロアで飛び回る若い男女。

 

こ、これは、、、!!!!

ついていけねえ、、、、、!!!!!!

 

完全についていけない私。

ウロウロしては数回飛び跳ねてまたウロウロして数回飛び跳ねる。奇妙である。

 

「ええい!酒の力に頼るしかねえ!!」と思いチケットとお酒を交換しては一気に飲み干し、次の酒を頼んではまた一気に飲み干す。

程よくアルコールが回ってくる。

 

 

ズンッズンッ

 

 

 

 

ズンッズンッ

 

 

 

 

 あっ……ちょ………

 

 

 

 

 

 

 ズンッズンッ

 

 

 

やべぇ…………

 

 

 

 

 

 

ズンッズンッ

 

 

超.......楽しい……!!!!(既にほろ酔い)

 

 音楽に身を任せて、体を休むことなく動かす

。隣りにいる女の子に「一緒に踊ろう?」と声をかけて、手を繋いだり肩を組んだりして音と共に飛び跳ねる。

疲れきったら「奢るから一緒にお酒飲まない?」といって一緒にお酒を飲み、また踊る。因みにこれらのセリフはめちゃくちゃググって事前に準備してた。

 

しかし女の子と踊り続けているうちに、謎の男集団が束になって「フ〜〜〜wwww」などと意味のわからない言葉を発しながら女の子を取り囲んで横取りして行ったり、イケメンが女の子を誘惑し連れ去ったりする。悔しい。しかしここで負ける訳にはいかない。

 

色んな女の子に声を掛け、共に踊り、別れ、また声を掛け、踊り、別れる。その繰り返しを延々と続ける。暑い。楽しい。

 

音楽が頭の中に休むことなく流れ続ける。アルコールが行き渡った身体にズンズンとリズムの振動が響いてくる。頭の中を殻にして、頭で考えるより先に身体で動く。音に体を合わせる。楽しい。

 

 

 

「そうか……私の居場所はここだったのか………!!」

 

 女の子と踊りながら私は確信した。クラブは私をずっと待っていたのだ。

 

 

 

 

私はいわゆる「恋愛体質」だった。

常に誰かしらに恋していなくては気がすまず、女の子に恋することで人生をキラキラさせようとしていた。

しかし、恋に常にしがみついていたのは「女の子に恋することでキラキラしていた人生を失いたくない」という気持ちと、「恋する以外に、自分の心の寂しさを埋め合わせる方法が分からない」という理由だった。

 

「恋に恋することで自分を救おうと」必死だったのだ。決して抜け出せない底なし沼にはまっているにも関わらず、埋められない穴を無理に埋めようともがき続けていた。

常に私は孤独だったのだ。

 

しかし、ここには私と同じように心に寂しさを抱えた仲間がいるではないか。

みんな笑顔で踊ってる。「クラブは嫌いだ」と行く前から毛嫌いしていた自分が嘘のようだ。行ってみないと一生分からなかった小さな世界がここには広がっていた。

 

 

女の子とキスしたわけでもエッチしたわけでもないのに、一緒に踊って一緒にお酒を飲んで一緒に汗をかくだけでこんなにも寂しさがなくなるものなのかと。今までの人生が嘘のようだ。

 

クラブを終えて

 

結局クラブで最後まで踊りきり、最後に声をかけた女の子と一緒に外に向かいます。

夜が明けて、朝5時のすすきのの凍えるような風は私の体を程よく冷ましてくれました。

 

 

駅まで手をつないで歩いて、札幌駅で握手して別れます。もう二度と会うことはないでしょう。

 

 

 

僕は朝日に照らされた時点で気づいていました。クラブの中では暗くて、本田翼のような顔だちだと思っていても、外でよく見るとキングオブコメディの今野にそっくりだったと。これが「クラブマジック」なんだったと。

 

 何度も見返して「え?今野?本田じゃなくて今野?本田…今野……HONDA………KONNO………ホンコン………訳わかんない……」

という思考のループを何度繰り返しても目の前には今野。

 

しかし今は清々しい気分。ばっさーが今野だったなんて今はもうどうでもいい。

クラブに行く前はあれだけ寂しくて寂しくて仕方なかったのに、今は何故か心が満ち足りている。これだ。これこそが一番の収穫だったのだ。

 

少しは男に近づけただろうか。

 

寂しくて仕方のない夜はきっとこれからもクラブに行くだろうなと帰り道でおもいましたとさ。